メイン画像
HOME > 経済の牽引役だった自動車産業は今

経済の牽引役だった自動車産業は今

「モータリゼーション」という言葉が象徴するように、20世紀は自動車の時代であったと言えるであろう。その牽引役となったのが、日本やアメリカの自動車産業である。しかしここ最近、「自動車産業が好景気」という話題はあまり耳にしない。彼らは今、どうなってしまったのだろうか?

これとは対照的に、比較的堅調なのが建設機械産業である。果たして、建機産業は自動車産業に代わる牽引役となれるだろうか?

日本経済の牽引役「自動車産業」。だが…

戦後から高度経済成長期を経て現在に至るまで、日本経済を先導してきたのが自動車業界である。自動車業界は、トヨタや日産のような“完成車メーカー”をはじめ…

自動車大国・アメリカの現在

かつては日本を凌ぐ自動車生産大国であったアメリカにおける、現在の自動車産業はどうなっているのだろうか?アメリカの自動車産業を先導してきたクライスラ…

日本の自動車メーカーと部品メーカーの間柄

自動車は「さまざまな機械分野の集大成」とも呼ばれている。これは、1台の自動車は多種多様な分野の部品によって構成されている、ということを意味する。駆…

堅調な回復を見せる「建機産業」

決して安泰とは言えない自動車産業・機械産業の中にありながら、比較的堅調な成長を見せている産業もある。それが、建設機械(建機)産業だ。リーマン・ショ…

【ピックアップ】

Back To Top