メイン画像
HOME2012年以降の日本の経済動向 > 急伸するネット通販

急伸するネット通販

われわれにとって一番身近な“情報通信技術”と言えば、やはりインターネットである。今、ネット通販をはじめとするEC(消費者向け電子商取引)が急激な成長を見せている。経産省の調べでは、2010年のEC市場規模は7兆8千億円となっており、これは5年前比のおよそ2倍である。

ネット通販は、商品を比較・検索したりする“購入に至るまでの機能”はもちろん、配送にかかる時間が短い、送料・手数料も低いなど“購入後の機能”も非常に充実しており、これが多くの利用者を獲得した要因であると考えられる。

海外を目指すネット通販だが…

国内のネット通販は今まさに急成長のまっただ中にあるが、一方で、近い将来頭打ちになるという予想も出てきている。これを踏まえて、積極的に海外へ攻勢をかけていたのが、楽天とヤフーだ。しかし、両社は活況の只中にある中国へ進出したものの、2012年5月にはともに撤退、という結末を迎えてしまった。

【ピックアップ】

Back To Top